スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
愛するということ
自分の感情がコントロールできないうまくできない

結局私は誰かに支えてもらうことでしか、誰かを想う気持ちでしか自分を支えられないから
あの人に本当は必要とされていないんじゃないかと、思うたびに胸が苦しくなる

あの人がいなきゃ生きられないほど弱くなかった
だけどあの人がいなきゃ生きられないほど私を弱くしたのはあの人

人を愛することで強くなんてなれるの?
誰かを必要とすることと愛することは違うの?
本当に愛しているんだったら相手のことをもっと想いやれるの?

いつか私があの人の重荷になってしまうのだろうか
きっと重荷になってしまったとしても、あの人はいつも通りきっと優しいままなんだろう
でもそれに気が付いてしまったとき私はもうあの人のとなりにはいられない

私を喜ばせるのはあの人だけど
私を苦しくさせるのも、またあの人で
それが「好き」という証なのかもしれないけれど
この苦しい気持ちの行き場がいまだによくわからない

私はこの先一生かかってでも
人を心から愛することができるの?




- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ayu-tt.jugem.jp/trackback/255
<< NEW | TOP | OLD>>