スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
愛するということ
自分の感情がコントロールできないうまくできない

結局私は誰かに支えてもらうことでしか、誰かを想う気持ちでしか自分を支えられないから
あの人に本当は必要とされていないんじゃないかと、思うたびに胸が苦しくなる

あの人がいなきゃ生きられないほど弱くなかった
だけどあの人がいなきゃ生きられないほど私を弱くしたのはあの人

人を愛することで強くなんてなれるの?
誰かを必要とすることと愛することは違うの?
本当に愛しているんだったら相手のことをもっと想いやれるの?

いつか私があの人の重荷になってしまうのだろうか
きっと重荷になってしまったとしても、あの人はいつも通りきっと優しいままなんだろう
でもそれに気が付いてしまったとき私はもうあの人のとなりにはいられない

私を喜ばせるのはあの人だけど
私を苦しくさせるのも、またあの人で
それが「好き」という証なのかもしれないけれど
この苦しい気持ちの行き場がいまだによくわからない

私はこの先一生かかってでも
人を心から愛することができるの?




- comments(0) trackbacks(0)
愛しさ


あの人のトナリにいると思い知らされるのは
私のこのひねくれた心

好き とか
ごめんね とか
ありがとう とか

あんなふうに言えたらいいのに








時間はまだまだかかるかもしれない
だけど、変われる気がするの
初めて変わりたいと本気で思えたの

あなたが私を包んでくれるような優しさで
私があなたを包みたいの

- comments(0) trackbacks(0)
パンドラ


一年半ぶりに開けた思い出の箱

あの人からもらった手作りのキーホルダーが顔を出す
不器用な縫い目から伝わるのは
当時のあの人の想い

なのに、どうして、
”愛されていない”
なんて思っていたのか




今になって気付くことはたくさんある



そしてまた過去になってしまったものを
そっと入れた

- comments(0) trackbacks(0)
走る


マドリッドの街を
カタルーニャ広場まで全速力で駆け抜けた

異国の地で
街路樹の中を
見知らぬ人の中を
すりぬけてすりぬけて

なんだか笑えた

私なんて
私なんて一人のちっぽけな人間にすぎないのだと

だけど
それでも
一生懸命生きて、叫んでる

あなたに届きますように

- comments(0) trackbacks(0)


人の気持ちは変わるもの

手もつなぐことのできなかった人
初めて唇を重ねた人
傷つけてしまった人
掴もうとすればさらりと逃げてしまった人

そして今、隣にいてほしいと願う人


ひとりひとりへの想いはそれぞれの形があったけれど
私にとってはどれも本物で、どれも輝いていた

好きだと思う気持ちは誰にも計ることはできないけれど
目の前にいる人を大切にしたいと思う気持ちは
いつだって変わらない

今はあの人の笑顔を私が守りたい


- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/32 | >>